TOP      会社概要      口金部門      アルミ部門


アルミ部門

熟練者による確かな品質


一般的に困難とされる、アルミ材質の溶接を、
熟練者が手作業で丁寧に加工しています。

金属を接合するには、原子間の結合力が及ぶ範囲にまで両金属原子を接近させなければなりません。その方法として、接合面を溶融して金属原子を再配列させる。又は、接合面を清浄・平滑にした後、加圧・密着させなければなりません。

溶接方法として、電気的エネルギーを用いるアーク溶接・抵抗溶接・プラズマ溶接などや、化学的エネルギーを用いるガス溶接・テルミット溶接など、機械的エネルギーを用いる摩擦溶接・圧接、レーザーや超音波などのエネルギーを用いた溶接法、はんだ付けなどのロウ付けと、さまざまなものがあります。

 当社は、これらの溶接法の中の一つであるアーク溶接を得意としております。

 アーク溶接とは、アーク放電によって発生する高熱で、金属の接合部を溶かして結合させる溶接方法です。

 アーク溶接法にもいろいろと種類があります。電極を消耗するMIG溶接・炭酸ガスアーク溶接・サブマージアーク溶接などと、電極を消耗しないTIG溶接・プラズマ溶接などです。

 当社は、不活性ガスにアルゴンガスを用いたTIG溶接です。

TIG溶接とは、タングステンなどの非消耗性電極を用い、空気遮断用の不活性ガス気中でアークを発生させる溶接法で、母材表面の酸化皮膜を除去する作用(クリーニング作用)があり溶接面を綺麗に仕上げることが出来ます。
交流電源でアルミ、直流電源で鉄・ステンレスなどの金属が溶接可能です。